www.domyojitenmangu.com トップ > 宝物 >天神縁起絵扇面屏風 >解説
青白磁円硯銀装革帯玳瑁装牙櫛伯牙弾琴鏡犀角柄刀子牙笏
笹散双雀鏡笹散蒔絵鏡匣 | 天神縁起絵扇面貼交屏風 | 漆皮鏡筥 | 道明寺絵図 | 蒔絵螺鈿鏡筥 |
漆彫丸匣 | 太宰府天満宮絵図 | 渡唐天神画像 | 脇差 | 天神縁起絵巻 | 櫛箱 |
文字絵渡唐天神像 | 石燈篭 | 薬の版木 | 河内国府遺跡発掘品

天神縁起絵扇面貼交屏風てんじんえんぎえせんめんはりまぜびょうぶ  44番「社殿建立」

第44番

神良種は右近の馬場に赴き、朝日寺の僧最鎮らと社殿の建立について話し合います。
そうしているうちに、一夜のうちに松が生い茂り松林となり、そこに社殿を造ることとなります。

|||||||||10|11|12|13|14|15|
16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|
31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|41|42|43|44|45|
46|47|48|49|50|51|52|53|54|55|56|57|58|59|60
▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H29 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.