www.domyojitenmangu.com トップ > 宝物 >天神縁起絵扇面屏風 >解説
青白磁円硯銀装革帯玳瑁装牙櫛伯牙弾琴鏡犀角柄刀子牙笏
笹散双雀鏡笹散蒔絵鏡匣 | 天神縁起絵扇面貼交屏風 | 漆皮鏡筥 | 道明寺絵図 | 蒔絵螺鈿鏡筥 |
漆彫丸匣 | 太宰府天満宮絵図 | 渡唐天神画像 | 脇差 | 天神縁起絵巻 | 櫛箱 |
文字絵渡唐天神像 | 石燈篭 | 薬の版木 | 河内国府遺跡発掘品

天神縁起絵扇面貼交屏風てんじんえんぎえせんめんはりまぜびょうぶ  13番「流罪宣旨・法皇参内」

第13番

 昌泰4年(901)1月25日、時平一味の陰謀により道真公へ大宰権帥への宣旨が下ります。道真公は理解者であった宇多法皇に
    流れ行く我はみくづとなりぬとも 君しがらみとなりて止めよ
との歌を送りました。法皇は急いで清涼殿に駆けつけますが、一味である藤原菅根に阻まれて醍醐天皇に会えず道真公の流罪が決定してしまいます。

|||||||||10|11|12|13|14|15|
16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|
31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|41|42|43|44|45|
46|47|48|49|50|51|52|53|54|55|56|57|58|59|60
▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H28 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.