www.domyojitenmangu.com トップ > 宝物 >薬の版木
青白磁円硯銀装革帯玳瑁装牙櫛伯牙弾琴鏡犀角柄刀子牙笏
笹散双雀鏡笹散蒔絵鏡匣 | 天神縁起絵扇面貼交屏風 | 漆皮鏡筥 | 道明寺絵図 | 蒔絵螺鈿鏡筥 |
漆彫丸匣 | 太宰府天満宮絵図 | 渡唐天神画像 | 脇差 | 天神縁起絵巻 | 櫛箱 |
文字絵渡唐天神像 | 石燈篭 | 薬の版木 | 河内国府遺跡発掘品

薬の版木    慶応2年

 慶応2年(1866)に作られた薬の版木です。アメリカ人のコレクターが所持されていたのですが、もとのところにお返ししたいということで里帰りしたものです。といっても、道明寺に住んでいた町医者が自作の薬を宣伝のために作られたチラシ用の版木です。中には「25日の天神さまのご開帳の日は、天満宮境内で薬を売っています」というようなことが記されています。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H29 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.