www.domyojitenmangu.com トップ > 境内 > 小林一茶句碑
御本殿 | 結婚式場・天寿殿 | 宝物館西宮・もくげんじゅ梅園土師社 | 和合稲荷社 | 八嶋社 |
霊符社 | 白光社 | 白太夫社修羅 | 筆塚小林一茶句碑 | さざれ石 | 神牛舎 | 大成殿 | 土俵 |
能楽殿 | 皇居遥拝所 | さくら | 菩提樹 | 楷の木 | 夏水井 | 手水舎 | 狛犬 | 明治天皇行在所 | 五重塔跡 | 公孫樹 | 石造物

小林一茶句碑

青梅や 餓鬼大将が 肌ぬいで
小林一茶の句碑

 俳句で知られる小林一茶の句碑です。一茶が33才の時、寛政7(1795)年に西国行脚中に当宮に立ち寄られたときに、この句碑のある場所で詠んだ句です。この時代にも梅の木が想像できます。
 書は榊莫山先生によるものです。
 また、このときに一茶はもう一句詠んでいます。

暁や 鳥なき里の ほととぎす

鳥なき里とはこちらのページをご覧ください。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H29 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.