www.domyojitenmangu.com トップ >かずとりひも

かずとりひも

ようこそ道明寺天満宮のホームページへ。
ここでは、なかなか公式サイトでは言えないことや裏話などを中心にコメントをし、出来る限り月に1回は更新していきたいと考えてます。
かずとりひもとはお百度参りのときに回数を記録していく紐のことで、その名のとおり100回を目指したいと思います。
神社のホームページはかたいと思われがちなので、ここだけはやわらかくいきましょう。
ご意見ご感想のございます方はこちらへお願いします。

過去のかずとりひも  ブログ かずとりひも


7月 100回!

ついにこのコーナー、かずとりひもが100回を数えました!
お百度参りが満願したのです。
100回を迎え、このまま続けていくことも考えたのですが、月に1回というこのコーナーはこれで納めさせていただくことにしました。
長らくご愛顧いただきました皆様、ありがとうございました。
「やわらかく」と意気込んでこのコーナーを始めましたが、今振り返ってみると固いですね。
反省すべき点です。
これをもって、全てを納めとするのではなく、今後は「ブログ かずとりひも」をご覧下さい。
こちらは当宮の禰宜の完全プライベートブログです。
このコーナーもそうですが、神社の公式見解というわけではございませんので、ご理解下さい。
長い間、ありがとうございました。


6月 憲法審査会 

今月11日、衆院本会議で憲法問題や憲法改正原案を審議する審査会規程が可決されました。
これには民主、共産、社民、国民新党の各野党は反対したそうです。
しかし、これらの政党のなかには憲法違反という議論が好きな政党が混じっています。
平成19年に国民投票法が制定され、法律上は審査会が国会になければならないのですが、ない状態が続いていました。
それこそ違憲なのではないでしょうか。
ダブルスタンダードはやめていただきたいものです。
日本の未来のためには、憲法改正が出来るこの審査会の設置は重要なものとなります。
しかし、問題は衆議院で可決されただけで参議院ではまだ目途も立っていないようです。
日本が日本であるために、まず自らが作った憲法を持つことが大切です。
日本は日本人だけのものではない、なんていう党首の政党には日本を任せられないことがはっきりしました。
審査会の設置が早く決定し、日本のあるべき姿に戻ることを念願します。


5月 北方領土の四島一括返還を

ロシアのプーチン首相が来日しました。
経済協力について話し合い、さらには北方領土問題の早期解決に含みをもたせる報道がありました。
北方領土はロシアに不法に占拠されています。
にも関わらず、我が国が一歩引いて、面積で等分だけ返還するとか、二島返還とかいう議論が出ていること自体おかしなことです。
まず、四島を一括で返還してからの話が先に進んでいるようで残念なことです。
例えば経済協力をしていくことで合意したなどというのは、まず四島を返還してからの話ではないでしょうか。
我が国の固有の領土である、北方領土が不法に占拠されていることを解決するのは、ロシアの退去しかあり得ないことでしょう。
これは竹島にも言えることです。
法を守れない法治国家と信頼しあえるのでしょうか。
まず原則を守るべきです。


4月 道明寺と桜餅

桜の季節が終わろうとしています。
当宮でも約200本の桜が咲き誇りました。
今年は開花からの冷え込みで最も長い期間、桜を楽しめたのではないでしょうか?
花より団子とはこの季節の言葉かと思います。
桜のお菓子と言えば、桜餅が一番人気ではないでしょうか?
大阪の桜餅を東京に持っていくと、呼び方が変わります。
「道明寺」と言います。
では東京で桜餅とは何のことでしょうか。
クレープのように練ったものを巻く、「長命寺」を言うようです。
東京で道明寺と言うのは、道明寺粉を使っているからです。
道明寺で作られた、道明寺糒を粗く挽いたものが道明寺粉です。
道明寺糒とは、お米を乾燥させた保存食で、20年は持つと言われています。
八甲田山の雪中行軍を描いた、新田次郎『八甲田山死の彷徨』でも道明寺糒が描かれています。
この糒は、豊臣秀吉から礼状をいただいていますし、明治33年のパリ万博では銅賞をいただいています。
現在では、お隣の道明寺さんでお求めできます。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H29 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.